医師の転職。新たな環境にて患者と向き合う。

医師の転職にはいろんな思いがあると思います。


自分の診療所を開く、または新たな医療を研究するため、医師がいない町で自ら進み出て転職する医師達。
様々な思いがあると思います。
その中で、遠い町から都心まで通院をされてる高齢者の方々のために、医師のいない町で開業する決意をした医師達がいると思います。
そのように患者と向き合う、向き合い病気を治し、精神的に病んでる患者とゆっくり話し合い、気持ちもリラックスできる環境になれば、気持ちの持ちようで体が治して健康な体になりたい、心から思える力を引き出して、今まで朝早くからバスにのり治療をして、薬をいただいてまたバスに揺られる通院をしてたら、治るものも治らない体になります。
通院も大変体力を使います。
これを繰り返してましたら、耐えられないと思います。
それであれば、医師自ら町に住み着き、どっしりと構えて落ち着いて治療に専念できると思います。
そのような医師のためにも医療の援助を国で考えていただきたいと思います。

今の職場に少しでも不満のある医師は転職を。

医師も病院によって待遇が違ってきます。
なので病院に勤めていても今の職場に不満を持って転職を望む医師は多いです。
給料も病院の経営状況によって違ってきますが、激務の割には給料が少ないと思っている人がほとんどです。
少しでも不満のある人は転職をしてみるといいです。
医師の転職サイトがあるのでそちらを利用してみるといいです。
病院によっては赤字になってでも医師や看護師の境遇を良くしようと頑張っている所はあります。
給料だけではなくて職場環境を良くすることにもつとめています。
ストレスを少しでも緩和させるような所が誰もが良いはずです。
医師や看護師のストレスを緩和させることは効率の良さにつながります。
患者も医師や看護師が機嫌が良い方が病院に行きやすいはずです。