知っていると便利なストロボ・スコープ情報をお教えします。

お葬式にも流行がある。「家族葬」

生活に根付いた冠婚葬祭のすすめ

みなさんは「家族葬」というお葬式を知っていますか。
あまり聞き慣れないお葬式なのではないでしょうか。
それでも最近では、この家族で慎ましく行うお葬式の需要が高まっています。
家族葬とは文字通り、家族やそれに近い近親者のみだけで行う葬儀のことを言います。

家族葬はコンパクトな本葬式です

参列者がごく身近な人に限る点で言うと「密葬」と似ていると思われるかもしれませんが、密葬の場合は、遺族のみでお別れをし火葬するという儀式をした後、後日改めて本葬式を行うのに対し、家族葬は通夜と告別式といったセレモニーを少人数でも行い、火葬場まで共に向かう、といった特徴があります。
日本は昔から無宗教の方が多く、それは現在に至るまで続いています。
そんな国民性の日本なので、故人を弔う気持ちはもちろんあれど、そもそもの葬儀のスタイルに関しては、強いこだわりをもっていない人が多いという事情が、こういった家族だけど見送るというスタイルを生み出すきっかけになりました。

バブルの派手なお葬式が陰を潜めました

バブル以降、葬儀社が祭壇やお棺などに高額な葬儀費用をかけ、遺族に請求するようなことが多く見られるようになっていました。
必要以上に高級な葬儀自体に疑問を抱いた人々が徐々に増えることにより、今までの派手な葬儀はやめて、遺族や親しい人だけで小規模な葬儀を行う人が現れました。
そんな人々に対して葬儀社が提案したのが家族葬でした。
つまりバブル期の派手な葬儀の対極にある葬儀スタイルと言えるでしょう。

家族葬について知っておきましょう

家族葬は、弔問者が親しい方だけなので変な気を遣う必要もなく、アットホームな葬儀を行えることが特徴です。
また宗教色を出しても、出さなくても良いため、どんな宗派の人なのか関係なく、葬儀を執り行えるというフットワークの軽さも、良い点のひとつです。
さらに、そういった自由なスタイル、かつ小規模な葬儀になるため、音楽葬やホテル葬など、自由な葬儀形式を選択できるというのも魅力のひとつと言えるでしょう。
故人を見送る大事なセレモニーだからこそ、身近な人と故人らしいお葬式をあげてあげられる。それが一番の供養になるでしょう。

最新投稿

  • sofuno

    先月、行った祖父の家族葬の感想

    家族葬で深めたい、家族の絆 最近のライフスタイルの変化によって家族葬が増えてきているようですが、理由はなんなの …

    続きを読む...

  • isino

    医師の転職。新たな環境にて患者と向き合う。

    医師の転職にはいろんな思いがあると思います。 自分の診療所を開く、または新たな医療を研究するため、医師がいない …

    続きを読む...

  • inform

    医師のインフォームドコンセントについて

    医師についての私の感想 医師のインフォームドコンセントについて、私が感じていることをお話します。 私は長年、病 …

    続きを読む...

占星術的に気になるホームページ

  • 人気のオススメ白髪染め比較

    ユーザー評価でリアルタイムに順位が変わる人気商品ランキング。

    白髪染めランキング